月光

今日はどうだった? 忙しかったかな?

君のその優しい声が好きなんだ


仕事で少しだけ疲れたけれど

君の笑顔を見たら忘れてしまった


ベランダから見える月が輝いている

飲みかけのグラスに僕たちが映ってる


サボテンを部屋に入れてゆっくりと窓を閉める

僕らキスをして日常を送るんだ


ベランダから見える月が陰っていく

不安な夜にはもう別れを告げたはずなのに


君とこうして何度も暗い夜を

乗り越えてきたから 笑い合ってきたから


ベランダから見える月が輝いている

飲みかけのグラスに幸せが映ってる
















.